今日もいい気分

ミニマルな暮らしを目指す30代子持ちOLの記録

家族全員大満足♪ごはん土鍋

最近、我が家のお米の消費量がアップしました。

…というのも、ご飯を炊くための土鍋を使い始めたからです。

f:id:norio-nigiri:20210922220120j:image

 

いろいろ調べた結果、菊花ごはん土鍋(5合炊き)を買いました。

以前は実家にあって使われていなかった20年くらい前に購入した炊飯器を使っていたので、そもそもの比較対象が悪いのかもしれないですが…この土鍋にして本当に良かったのでご紹介します☺︎

 

ごはん土鍋のここがよかった♪

家族全員の白飯消費量アップ!

f:id:norio-nigiri:20210924113258j:image

  • 2歳の長男が白飯をよく食べるようになりました。お米は食べるときと食べないときがあったり、味を付けないと食べなかったりした長男ですが、土鍋にしてからはご飯がおいしいのか、味を付けない白飯でもよく食べるようになりました。
  • 7ヶ月の次男も、離乳食開始当初から土鍋で炊いたご飯をさらに柔らかくして食べていますが毎回完食★よく食べています。
  • 夫も、以前は食パンやコーンフレークを食べたり、ご飯抜きのことも多かったですが、ご飯をよく食べるようになりました。健康&家計にもよく、またパンを切らさず置いておくのも面倒だったので楽になりました。

 

「予約炊飯」はなくても大丈夫だった

  • 土鍋にするにあたって一番の心配は「予約炊飯」できないことでした。こちらのごはん土鍋は、30分水につけて、10分程度で沸騰、20分蒸らしの計約1時間ほどで炊けるので、夜のうちにお米を洗って水につけておき、朝一でコンロに火を付ければ、予約なしでも問題なく朝食で食べることができました。
  • 普通の土鍋と違い、火加減の調整はなく、沸騰後(湯気がでてきてから)に火を止めて放置でいいのでとても楽です。
  • 特に時間のないときに、15分水につけて、沸騰後10分蒸らしでも試してみましたが、芯など全く気にならず、おいしいご飯が炊けました。

 

洗うのも楽

  • 普通の土鍋や圧力鍋でご飯を炊くと、焦げ付いたご飯がなかなかとれないのが嫌でしたが、ごはん土鍋は多少ご飯が焦げ付いても、水に少しつけておけば綺麗に落ちます。
  • 下の写真は、ご飯を炊いた時の底の方の写真です。特に分厚い鍋底のためか、沸騰後すぐに火を停めれば焦げもほとんどできないため、洗う手間は炊飯器とほぼ変わりません。

f:id:norio-nigiri:20210924113415j:image

 

エコでミニマル

  • 電気炊飯器では保温機能がありますが、もちろん土鍋にはなく電気代の節約になります。我が家は炊飯器の時も、電気代節約とご飯の乾燥防止のため保温機能は全く使わず、炊けたらすぐにスイッチを切っていたため、保温機能はなくても全く問題ありませんでした。
  • 拭きこぼれ防止のため、蓋が2枚の構造になっていますが、余ったお米は中蓋だけにすれば土鍋ごと冷蔵庫にも入れておけて便利です。我が家では冷凍するほどでもないけど…という時(例えば朝炊いたお米を夜食べる時)によく冷蔵庫に入れています。
  • 電気炊飯器のお釜は洗ってお米がとれやすいようにプラスチックを使用したテフロン加工をしてあるものが多く、使っていくうちにテフロンが剥がれてマイクロプラスチックになってしまいます。こちらの土鍋では釉薬のみでそうした加工もしてありませんが、洗う時にはお米が取れにくいこともなくストレスなく使用できます。
  • ごはん土鍋にしたことで、今まで炊飯器を置いていたスペースが空きキッチンが使いやすくなりました。土鍋もコンロを塞ぎますが、火を使うのはほんの10分ほどの時間です。あとはコンセントもないので鍋敷きを敷けばキッチンカウンターや食卓など好きな所に置いておけます★
  • 家電製品はそれそのものが大きなプラスチックです。土鍋は割れたりしなければ、家電製品のように劣化することなく永く使うことができます。万が一割れても、蓋だけの販売もあるようで、この事もこちらの土鍋を選んだ理由の一つです。
  • もちろんご飯を炊く以外にも鍋やおでんなど多用途に使えるそうです。我が家はまだ、ご飯を炊く以外では使っていませんが、これからの季節が楽しみです。

GINPO|銀峯陶器

 

 

いろいろと書きましたが…食べれば食べるほど「本当に同じお米から!?」と疑い、「何でもっと早く土鍋にしなかったんだろ?」と思ってしまう土鍋です。逆に今まで農家の方が丹精込めて育てた大切なお米をもったいないことしていたんだなぁ…と反省しました(。´・д・)

2合炊きサイズからもあるそうで、一人暮らしの方にもお勧めしたい逸品です。

 

ご飯が美味しく炊けて、エコでミニマル♪ 家族全員が大満足の土鍋のご紹介でした☺︎

 

 

服の手直し

f:id:norio-nigiri:20210915150559j:image

 

以前より、涼しくなってから普段着としても仕事着としても着ることのできるゆったりめのズボンを探していたのですが、フリマアプリでUNIQLOの(おそらく何年か前のモデルですが)ジャガーパンツを購入しました。

 

ゆったりしたデザインで着心地も良かったのですが、少しわたしにはゆるすぎでダボっと感があり過ぎたため‥(^^;)手直ししました。

 

太もも周りの布を減らしてもう少しスラッと見せたいなと思い、ポケットあたりの両サイドを3cmくらいこの字閉じで縫いました。

f:id:norio-nigiri:20210915150947j:image

f:id:norio-nigiri:20210915150954j:image

 

あまり大きな修正は目立ってしまうし難しいですが、こうした微妙な違いで服の印象はけっこう変わるのでオススメです。以前、胸元が想像より大きかった服も、さりげなく縫いとめて使っています。

特にセカンドユースのものをネットで買うと返品ができないですが、多少なら直せばいいかと思うと購入しやすくなります☺︎

 

もしもの備えの確認

f:id:norio-nigiri:20210825122444j:image

まもなく、9月1日防災の日

この時期、夏休み明けの始業式の日は防災訓練だったことを思い出します(全国どこでもそうかと思っていたのですが、そうでないことに大人になって知り驚きました)。

昨今の大雨もですが、いつなにが起きるかわからない災害に備えて、非常持ち出し袋と防災備蓄の確認をしました。

 

f:id:norio-nigiri:20210825123200j:image

非常持ち出し袋は、セットになった物も売られていますが、自分たちで考えたり調べたりしながら準備することて、災害時にも「あれを入れてた!」と思い出して使えるのではと思い、一つ一つ準備するようにしています。自分の性格上、セットを買ったらそれで安心して中身も確認しない気がして…いざという時に使えないということもないようにの対策です…また家にある物もけっこあるので、余分な物も買わずに済みます。

 

トップ画像のリュックも、数年前に非常用に安価な物を購入しました。目立つオレンジカラーで、目印のリボンをつけて夫のリュックと私のリュックを区別しています。置き場所は玄関下駄箱の一番下です。

 

f:id:norio-nigiri:20210825123210j:image

今回はこちらの水と食料をローリングストックとして買い換えることにしました。消費する時に困らないよう、食料はできるだけ好きな物になるようにしています。備蓄している食料も気付けば賞味期限切れの物もあったので買い換えが必要でした。今回の買い足しでは、子供の分も含めて今より多めに購入予定です。

 

こうした備えをしたり、ミニマルな生活に慣れていると、以前コロナが流行りだした時のような世の中が買い溜めに走る時も、慌てず焦らず構えていられるように思います☺︎

 

服の見える化~2021夏のワードローブ

f:id:norio-nigiri:20210823113931p:plain

かねてよりやってみたかった「服の見える化」をやってみました。

備忘録もかねて、この夏なにを着たかの記録です。

 

いろいろと悩みながらでしたが、結果的に以下の12点におさまりました。

 

《Tops》左から

 1. 深緑のTシャツ(INDIVI

 2. ネイビーのTシャツ(ユニクロ

 3. バニラホワイトのブラウス(SHIPS) 

 4. ベージュのリブTシャツ(ユニクロ

 5. グレージュのブラウス(nano・universe) 

 6. ストライプのブラウス(INDIVI

 7. バニラホワイトのボウタイブラウス(組曲

 

《Bottoms》左から

 8. 細身パンツ(INDIVI

 9. リネン混のワイドパンツ(ユニクロ

 10. ナロースカート(GU)

 

《Others》

 11. リネン混のシャツワンピース(SHIPS

 12. リブのタンクトップ(無印良品

服の見える化をやってみて

今回こうして見える化してみて、撮影などは手間でしたが、思っていた以上に頭の中が整理されてよかったです。数が少ないので、だいたい考えられる組み合わせは着ていたつもりでしたが、案外これとこれはまだ試してないなぁという気付きもあったりして、今ある服での着回しがまた楽しくなりそうです。(余裕があれば秋や冬もやっていきたい…)

 

2021夏の振り返り

家にいる時間が長く、子どもの世話がメインということもあって、手にする服はリラックス&汚れてもいいような服が多くなっていました。

トップスはまだ2着くらい減らせそうかなとも思いますが、キツキツの中でやりくりするのではなく、少し“あそび”部分としてそのままにしています(^^)

実際にクローゼットの中には、他にも夏向きのオンオフ着用可能なパンツなども残っています。今は育休中で(仕事をしても在宅ワーク)、基本オフモードの服装でしたが、来年はまた変わってくるかもしれないし、案外変わらないかもしれない…オンの服については今考えても答えがでないため、時を待って、いる・いらないを検討する予定です。

 

エシカルな服装とは?

新調した服も何点かありましたが、 今期、購入した4着のうち3着はフリマアプリで購入していました(全体でもフリマアプリ購入品は7点あります)。

 環境問題が指摘されているアパレル業界。リサイクル素材の活用やアップサイクルなどの取組もあり、そうした企業から服を購入することもエシカル消費の一つだと思いますが、まずはなによりもリユースすることが大切だと考えています。どなたかの箪笥の肥やしだったものがめぐりめぐって自分の手に届き、お気に入りになることは素敵なことだと思います✿

 

雨の中やっとできた みつろうラップ

雨が降り、先日までの暑さから一変し過ごしやすい気温になってきました。暑い時にはもう夏は嫌だと思っていましたが、涼しくなるとなんだか秋が近づいて少し寂しさも感じてしまい、つくづく人間の思考は勝手だなぁと思います。災害級の雨には皆さまお気をつけください。

 

そんな雨の降る中ですが、やっっと!作りたかったみつろうラップを作ることができました。(今さらという感じもありますが…)昨年9月にみつろうを購入して長いこと放置していましたが…満を辞して作ることができました☺︎

 

今回使ったのはこちらのみつろう50g

f:id:norio-nigiri:20210812112420j:image

 

みつろうラップのサイズと布

自分で作るので、好きな布、好きなサイズで作ることができます。

布はキッチンで干したりしていても悪目立ちしないキナリの無地のハギレがあったためそれを使用。

サイズは、どんな時にラップを使いたいと思うか、しばらく観察した結果、以下の3種を作成しました。

  • 30×30 大きめのボールや野菜を包むのに
  • 20×20 どんぶり皿など家にある少し大きめのお皿や保存容器に
  • 15×15 布の残りの部分のためざっくりですが、コップや小さめの器に

50gのみつろうから上記の3種のラップを2枚ずつ作ることができました。

 

いざ製作!

手順や作り方はいろいろなサイトにあると思いますので割愛しますが、みつろうを満遍なく布に染み込ませるのが思っていたより難しかったです(私は大きめサイズから作りましたが、慣れるまでは小さめサイズから作る方がおすすめです)。

 

まずは隅の方に重点的にみつろうをばら撒き

f:id:norio-nigiri:20210812113542j:image

低温のアイロンでじわじわとみつろうを溶かしていきますが、どこか一部分からというよりも全体的に少しずつ溶かしていく方がいい感じでした。少し時間もかかるのでみつろうが解けるまでは、アイロンを少しの間置いたりしてじんわり溶かしていきます。

f:id:norio-nigiri:20210812113831j:image

 

全体的にみつろうが溶けてきたら、みつろうを布全体に染み込ませるようにアイロンを何度も滑らせます。

f:id:norio-nigiri:20210812114014j:image

 

大きいサイズだとどうしてもみつろうが行き渡りにくい部分がでてきてしまうため、アイロンを置いたり滑らせたりして時間をかけて染み込ませ、それでも難しい場合は小さくしたみつろうをのせて溶かしました。

f:id:norio-nigiri:20210812114332j:image

f:id:norio-nigiri:20210812114151j:image

 

袋にあった作り方には、完全に冷めてからクッキングシートから布を剥がすとありますが、みつろうが乾き切る前の少し温かいタイミングで剥がした方が綺麗にはがれます。

f:id:norio-nigiri:20210812114319j:image

 

使い心地

f:id:norio-nigiri:20210812142915j:image

早速、夕食の下ごしらえで切った野菜を入れたボールに使ってみました。手に馴染んで自由に変えられるみつろうラップ、うわさ通りいい感じです。

 

 

総じて、焦らずじっくり作るのがみつろうラップ製作のポイントだなぁと思いました。雨の中、ゆっくりじっくり作ってみてはいかがでしょうか☺︎

 

 

 

【プラなし生活】ラップなしのレンチン調理

みなさん、野菜などに火を通すときの電子レンジ調理はどのようにしていますか??

 

電子レンジを使った調理はとても便利です。ただその際、「ラップでふんわり蓋をする」という方法はよくありますが…

  • ラップという余分なプラスチックゴミが出てしまうこと
  • ラップに熱をかけるので、人体や環境への影響が気になること(例えば、我が家にあったサランラップの原料はポリ塩化ビニリデンです。このポリ塩化ビニリデンは比較的安定した素材で食品衛生法に基づいた商品が販売されてはいますが、125度を超えると分解し塩化水素を発生するそうです)

上記のような点を踏まえて、私はできるだけラップを使わない調理をするようにしています。

 

最近はスタッシャーなども話題で、個人的には気になっていますが、まずはできるだけ家にあるもので対策できないかと思い、我が家では以下の方法をとっています。

 

陶器の器を蓋として使う

陶器の器を蓋として使う方法です。

例えば小松菜を調理する際は、こちらのような深めの器に切った小松菜をモリモリのせて、少し小さめのお皿をかぶせ、電子レンジで2〜3分チンします(量によって途中でかき混ぜたり、時間は調整)。

f:id:norio-nigiri:20210808184339j:image
f:id:norio-nigiri:20210808184335j:image

 

火を通した後は下の写真のようになり、このまま、ごま油やお醤油で味つければ、小松菜のナムルの完成です。

f:id:norio-nigiri:20210808184509j:image
f:id:norio-nigiri:20210808184515j:image

ラップの代わりに蓋として使うお皿は、少し小さめにしておけば適度に蒸気を逃しながら野菜が蒸らされ、落とし蓋(重し)の役割にもなります。

 

最近、次男の離乳食も始まりましたが、少量の炊いたご飯とお水(10倍粥の場合は米1に対して水5)を耐熱ガラスのティーポットに入れお皿で蓋をしてチンしています(600wで3分チンして、すり鉢ですっています)。

f:id:norio-nigiri:20210809121838j:image

ティーポットはKINTOのものを使っていますが、注ぎ口がちょうど蒸気が抜ける穴になっていい感じです。深さがあって丸みのあるフォルムのため、吹きこぼれにくいのも良いです。

 

↟↟↟

このティーポットはコロンとしたフォルムがかわいくお気に入りです。緑茶など茶葉が広がって密着するものは注ぎ口が詰まってしまって不向きですが、紅茶やほうじ茶、番茶などを入れるのにはおすすめです。

 

 

蓋をしないのも案外大丈夫

ラップを使わず、特に蓋をしないという選択もありです。

ものによるかもしれませんが、例えば電子レンジで温めるパスタソースなど、作り方に「ラップをして…」と書いてあったりしますが、案外なくても大丈夫なことも多いです(おそらく具が爆発する可能性などを考慮してだと思うので、自己責任の上でですが…)

 

 

iwakiの耐熱ガラス保存容器を使うのはやめました

少し前までは、iwakiの耐熱ガラスの保存容器を使う方法もよくやっていました。

パック&レンジの蓋は電子レンジも可とされており、密閉にはならないためちょうどよく蒸気が逃げて、そのままラップの代わりになって便利だなと思っていたのですが…

 

調べてみると、こちらの蓋はポリカーボネートでできており、このポリカーボネートは内分泌かく乱作用のあるビスフェノールAが原料とされています。

 

f:id:norio-nigiri:20210810103425j:image

これまでは写真のように野菜を入れ蓋をして、モヤシをチンしたり、ジャガイモをチンしたりするのに使っていましたが、蓋を使ったレンチン調理は避けた方がよさそうです。

※保存容器自体は、蓋をしない状態でそのままレンチンして食卓にあげたり、ケーキの型に使ったり、またガラス製なので油汚れも落ちやすく丈夫なため、お気に入りです。

 

 

 

 家にあるものを工夫しながらプラなし生活進めていきたいと思います。以上、ラップなしのレンチン調理についてご紹介でした。

育児中のリフレッシュ

f:id:norio-nigiri:20210803162703j:image

 

4連休明けからの一週間、長男がRSウイルスのため保育園をお休みしました。

はじめの3日間は38〜39度の熱がでで、寝ることも長くなんとなく弱々しかったのですが…熱が下がってからは元気があり(かと言って咳があり登園はできず)、なかなか大変な一週間でした(-.-;)

写真はその間の家遊び件お手伝いとして、掃除機を長男にやってもらっているところです。

 

元気になってくれたのはありがたいのですが、なかなか0歳児+2歳児を1人で毎日みるのは心が休まらず…ついイライラしてしまう場面もあり…改めて、母が心身ともに元気であることが子供にとって大切だなぁと感じました。

 

今日は久しぶりに登園し、心穏やかに家事ができ幸せでした☺︎

夫には「幸せのハードルがどんどん下がってるなあ笑」と言われましたが、掃除や片付け、洗濯などを、ひとつひとつ丁寧にやっていくことは、私の中で乱れた心の中を少しずつ元に戻していくような感じがして、リフレッシュになっていると思います。目の前のことに無心で向き合うのは、瞑想のようなところもあるかもしれません。

 

もう一つのリフレッシュ方法として、私は寝る前にYouTubeを先生にヨガをしています(出産で途中お休みしましたが、始めてからかれこれ2年近くになりました)。早朝、子どもが寝ていて時間がある時など、夜以外にもひとりになる時間があればやることが多いです。最近は筋トレもはじめました。

ヨガも筋トレも普段動かさない筋肉を使ったり伸ばしたり、自分の身体と向き合うことができスッキリしますし、YouTubeでは所用時間が事前に正確にわかるのも継続しやすいポイントです↟↟↟